最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月18日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


10月に「東洋キトクフーズ」発足 東洋鶏卵とキトクフーズが合併

2005.08.15発行
 木徳神糧(株)(木村良社長―本社・東京都品川区)は7月28日、同社の特定子会社であるキトクフーズ(株)(釜谷弘社長―東京都千代田区神田佐久間町1−11、資本金1億5,000万円)が、キトクフーズ子会社の東洋鶏卵(株)(森尾篤社長―東京都台東区上野3−3−4、同9,900万円)と10月1日付で合併すると発表した。
 合併後の新社名は「東洋キトクフーズ株式会社」で、資本金は1億5,000万円、総資産は約20億円。本社は現キトクフーズ(株)に置き、代表取締役社長に釜谷弘氏が就任するほか、会長に森尾篤氏が就任の予定。
 キトクフーズは、惣菜加工品販売を業として、昭和58年8月に木徳神糧の特定子会社として設立されて以来、食品の販売や鶏卵および同加工品の販売へと業容を拡大してきた。一方、鶏卵や同加工品の販売を業として、昭和26年9月に設立された東洋鶏卵は、鶏卵荷受機関として業容を拡大するとともに、遊休不動産の効率利用としての不動産賃貸も行ない、平成16年8月にキトクフーズの出資増額を受けて連結子会社になった。
 合併後の新会社は、鶏卵の販売や惣菜の加工販売、不動産賃貸などを柱に、業務の効率化と業績の安定向上、経営基盤の強化を図る。年商は100億円前後になる見込み。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。