最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月17日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


大共と進共が新エッグラベラー発売 トレサビにも対応 

2005.06.25発行
 (株)大共(中濱毅社長―本社・東大阪市)と(株)進共(齊藤昭彦社長―本社・東京都港区芝浦4−9−18−1206)は、このほどと大阪シーリング印刷(株)(本社・大阪市)との3社で共同開発した新型ハイスピードエッグラベラー「EG―8型機」を新発売した。
 叶i共は、1975年(昭和50年)に豆シールエッグラベラーの販売を開始し、今年で30年が経過した。この間、GPセンターの大型化や、日付け入り豆シールを貼付した鶏卵の増加に伴い、「EG―2型機」から「EG―3型機」「EG―4型機」「EG―5型機」「EG―7型機」へと、エッグラベラー機の能力と機能をグレードアップさせてきた。
 今回新発売した「EG―8型機」は、トレーサビリティに対応するなど、これまでのエッグラベラーの集大成として大幅にグレードアップさせたもの。
 「EG―8型機」の主な特長は次の通り。
 (1)時代の要請でもあるトレーサビリティ対応=最大12桁のトレーサビリティコードを印字できる(英字大文字A〜Z、数字0〜9、スペース)。
 (2)日付けミスを防ぐカレンダー機能を搭載=内部の時計と連動させることによって、賞味期限などの日付けが自動的に更新されるため、操作ミスによる日付けの間違いがなくなる。
 (3)最大20種類の印字様式を登録可能=印字データとフォーマットを様式として登録でき、番号を指定するだけで簡単に印字を切り替えることができる。
 (4)専用キーの採用によって、ラベルをスピーディーに入れ替えることができる=専用キーを一度押すだけで、古い日付けが印字されたラベルを送り出すことができ、段取りをよりスピーディーに、確実に行なうことができる。
 (5)ラベルのロスを50%削減=ラベルの経路を短縮することによって、従来機よりも待機ラベルの取り替えロスを約50%削減した(同社比)。
 詳細・問い合わせは叶i共(電03・3798・7110、F03・3798・5385)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。