最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


HPにGP検索コードの申請方法を掲載 日本卵業協会

2005.06.15発行
 (社)日本卵業協会は、このほど鶏卵GPセンターの検索コードの申請方法や登録状況などを、ホームページに掲載した。
 昨年11月30日に農林水産省から公表された鶏卵のトレーサビリティ導入ガイドラインの中で、識別コードによる検索と、最初の3ケタはGPコードとして管理することが望ましいとされた(三ケタの後に続く5ケタや8ケタについては、GPセンターが任意で決める)。
 これに基づいて今年3月1日に、鶏卵のトレーサビリティシステム検索コード管理要領が公表され、日本卵業協会が検索コードの最初の3ケタを管理することになった。
 ホームページでは、登録済みGPセンターコード名の一覧表や検索コードの活用事例、検索コード管理要領などを紹介しているほか、検索コード登録申請用紙を入手することができる。
 トレーサビリティシステムを導入(予定を含む)している鶏卵GPセンターは、所定の登録申請書に必要な事項を記入して、登録料(1GPセンター当たり15,000円、3年ごとに更新)を添えて申し込むとよい。
 詳細は日本卵業協会(電03・3297・5512)または同会のホームページ(http://www.nichirankyo.or.jp/)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。