最新!  主要産地の出荷計画は1.0%増 平成29年度ブロイラー(ニュース-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月31日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


日・タイFTA 鶏肉関税を引き下げへ?

2005.04.15発行
 4月中の包括的合意を目指した、タイとの自由貿易協定(FTA)を核とする経済提携協定(EPA)締結交渉が大詰めを迎えている。日・タイ交渉の中で、農産物の重要品目の1つである鶏肉については、日本食鳥協会が関税撤廃の例外扱いとするよう強く反対していただけでなく、タイのブロイラー輸出業界も、これ以上の関税引き下げは不必要としていた。ところが最近のマスコミ報道によると、両国の交渉でその他鶏肉(骨なし鶏肉)の関税を現行の11.9%から骨付きもも並みの8.5%に、鶏肉調製品も現行6%から3%に段階的に引き下げる方向が固まったとしている。
 農林水産省は、引き下げはまだ決まったわけではないとしているが、鶏肉を例外扱いとし、関税を引き下げるべきではないと強く反対してきた食鳥関係者は、交渉の成り行きを憂慮しながら見守っている。
 EPAやFTAの交渉作業は、その他の国との間でも続けられており、その中で鶏肉は相手国の関心品目の1つとなっている。昨年11月にはフィリピンとの間で大筋合意し、協定が発効した1年目に3,000トン〜5年目に7,000トンの鶏肉(骨付きももを除く)の低関税枠(現行の11.9%を8.5%に引き下げ)を設けることにしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。