最新!  「TPP11協定」大筋合意 鶏卵・鶏肉の関税撤廃 12か国TPPの範囲内(トップ記事-2017.11.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


新業態の外食店を展開 モリフードサービスが四国で

2005.02.25発行
 森孵卵場グループの(株)モリフードサービス(森英治郎社長―本社・香川県三豊郡大野原町大野原1860−1)は、新業態の大衆食堂「まいどおおきに食堂」を出店し、好評を得ている。
 「まいどおおきに食堂」は、大証ヘラクレス上場の(株)フジオフードシステム(本社・大阪市)がチェーン展開する、誰もが気軽に入れる大衆食堂。家庭の味を手ごろな価格で提供して、幅広い客層の支持を集めている。現在は全国で約120店舗を展開しており、近い将来には1,300店舗まで拡大するのではないかとみられている。
 モリフードサービスは、四国4県でケンタッキーフライドチキンやピザハットなど、外食大手の7つのフランチャイズ事業を展開しており、昨年春に「まいどおおきに食堂」の四国内でのフランチャイズ権を獲得。香川県のさぬき市と観音寺市には直営店、愛媛県松山市にはフランチャイズ店を出店した。
 昨年12月18日にオープンした観音寺本大食堂は、平屋建てで店舗面積は約50坪。席数はテーブル席や小上がりなど全58席で、20台分の駐車場も完備している。店内は木質感を前面に出した明るい印象で、サラリーマンや家族連れなど、幅広い年齢層のお客でにぎわっている。
 入り口にはご飯を炊く釜や、目の前で調理する卵焼きのコーナーを設置し、「ひじき」や「きんぴら」などのおかずを皿盛りで陳列している。お客は、炊きたてのご飯や手作りのおかずなど、60〜65品目の中から好きなものを、セルフ方式で利用する。
 客単価は550〜600円。夕食を600円程度で提供できることなどが、他の飲食店との競争力にもなっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。