最新!  地鶏・国産鶏の普及へ 鶏改良推進中央協議会開催(ニュース-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月21日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵の安全性をPRするインパックラベル 日鶏協や生産者協会も活用へ

2005.02.15発行
 (社)日本養鶏協会と日本鶏卵生産者協会は、鶏卵の安全性をPRするインパックラベルの使用を決めた。
 同ラベルは、鳥インフルエンザが発生していない平常時から、消費者に鶏卵の安全性をPRすることで、風評被害を未然に防ごうと、(社)日本卵業協会が農林水産省など関係省庁の協力を得て作成したもの。
 ラベルには「万一、高病原性鳥インフルエンザが発生しても、流通している鶏卵は安全です」と消費者に理解を求めているほか、食品安全委員会の「卵を食べて人が鳥インフルエンザに感染することは考えられない」などの見解を記している。
 インパックラベルは、日本卵業協会の会員(鶏卵流通業者)がすでに使用しているものの、生産から流通までの鶏卵業界全体で取り組むことが望ましいことから、日本養鶏協会と日本鶏卵生産者協会も合流することにしたもの。
 ラベルには今後、3協会名が記され、希望者には当面無償で提供する。詳細は所属する各団体へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。