最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月23日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵のQ熱汚染を否定 畜安研で安全性確認

2005.01.25発行
 (社)日本養鶏協会(梅原宏保会長)は、PCR法でQ熱菌(コクシエラ菌)の遺伝子が分離された一部の鶏卵について、念のために(財)畜産生物科学安全研究所(石井達郎理事長)の協力を得て、Q熱菌の確認検査を実施し、生菌は分離できなかった――と一月六日に発表した。
 これは、PCR法で検出されたQ熱菌の遺伝子が、鶏卵中のQ熱の生菌によるものか否かや、仮に生菌が存在していたと仮定した時に、マウスに感染するかどうかを調べる目的で検査したもので、Q熱の生菌は存在しなかったというもの。
 鶏卵とQ熱との問題に関しては、平成14年末ごろから、民間の人獣共通感染予防医学研究所(人獣研)とその関係者が、鶏卵がQ熱に汚染されているとし、週刊誌などのマスコミに情報を提供して、消費者に不安感を与えた。
 これに対し鶏卵業界では、日本養鶏協会を中心に結束し、(1)鶏卵を食べて人がQ熱に感染した例がないこと(2)鶏もQ熱に汚染されている例はほとんどなく、仮にQ熱に感染した鶏が産んだ卵であっても、Q熱が卵に移行することはない――などのデータ(文献)が、海外で発表されていることを示してきた。
 さらに科学的データに基づいて反論するために、公的な研究機関である畜産生物科学安全研究所に調査・研究を委託し、その結果を発表して鶏卵の安全性を訴えてきた。
 15年には、鶏血清による全国調査を2回にわたって実施し、すべて陰性(マイナス)であったことを明らかにしているが、今回の報告でも、鶏卵のQ熱汚染を否定したことになる。
 鶏卵とQ熱との関係については、人獣研関係者以外の報告は、いずれも鶏卵の安全性を裏付けている。
 例えば、15年10月に青森市で開かれた日本獣医学会・公衆衛生分科会での学会発表では、検査した鶏血清、食用生卵および卵製品からコクシエラ菌は検出されず、すべて陰性(マイナス)で「食卵および卵製品については、コクシエラ菌の汚染は極めて低いと推察される」としている。
 さらに厚生労働省・監視安全課が16年7月30日に、国立感染症研究所や東京都健康安全研究センターなどで実施した「Q熱コクシエラの鶏卵からの検出に関する研究」を発表したが、この中で開発した検出法に基づく215個の市販卵の検査では、コクシエラ菌は検出されなかった――としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。