最新!  東は長雨、西は猛暑が影響 ひなは不足気味に推移 食鳥協理事会(ニュース-2017.09.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月26日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ウイスク糞乾ケージ 普及シリーズ発売

2005.01.25発行
 東洋システム(株)(安田勝彦社長―本社・岐阜県各務原市金属団地97−4)は、ドイツ・サルメット社と共同開発したシンプル、クリーンで糞乾電気代がエアパイプの約半分で済むウイスクベルトケージの普及シリーズを発売した。
 ウイスクベルトケージは12年前の発売以来(ヨーロッパでは15年前)、国内に約200棟(室)、800万羽の実績があるが、羽当たり設備費がエアパイプケージに比べ約250〜300円高くなるため、納入先が限られる傾向があった。
 同社とサルメット社が共同開発した普及シリーズは、ウイスクを間口61(24インチ)または70cm間口の強化フレーム構造ニューSシリーズケージシステムに搭載、羽当たり100円前後のコストダウンを実現している。
 ウイスクはウイスクブレードで糞乾エアーを作り出すが、同時にケージ内に緩やかな風の流れが生ずるため、自然換気時に風の流れが止まることのあるシステム型開放鶏舎にも、最近採用が増加している。
 同社では、従来からのCシリーズウイスクに、ニューSシリーズウイスクを加え、(1)糞乾電気代が半減(2)エアパイプ方式につきもののフィルターの掃除がなく(3)ランニングコストが掛からず農場収益を出しやすい――などのメリットを持つウイスクの普及に努めていきたいとしている。
 東洋システムでは、鶏舎排気を利用するセコノブ糞乾システムを2年前に開発、このシステム向けにはケージ内に糞乾を組み込まないシンプルなクリーンシリーズを販売しているが、ウイスク、クリーン、エアパイプの3タイプのベルトケージで、これからのレーヤー農場の幅広いニーズに応えていく予定。
 【長期耐久テスト中のSシリーズウイスク】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。