最新!  新たに飼料添加物に認められたバチルス・サブチルスJA−ZA株 (新製品-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月27日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


実績に近い中山、内藤氏に記念品 本紙の平成16年相場予想

2005.01.25発行
 平成16年(2004年)の年間平均卵価(全農・東京M加重)は、前半は低迷したものの、後半の急上昇によって173円(前年比22円高)となった。
 食鳥相場(日経・東京加重)は、もも肉は後半に上昇したものの562円(前年比18円安)で、これまでの最低水準であった前年をさらに下回った。一方、年間を通じて堅調に推移したむね肉は230円(前年比27円高)となり、もも、むね合計は792円(前年比9円高)となった。
 本紙では、毎月1月5日号に、業界の有識者の方々にその年の相場を予想していただき、掲載している。19人が予想した16年の卵価は、全員の予想が実績(173円)を下回った中で、(株)ナカヤマ・エッグの中山真一専務取締役の170円が最も近かった。
 7人が予想した食鳥相場は、もも肉は実績(562円)を上回る予想が多かった中で、日本ハム(株)国内チキン部の内藤篤参事の560円が最も近く、むね肉は全員の予想が実績(230円)を下回ったものの、同じく内藤氏の220円が最も近かった。
 中山、内藤の両氏には記念品を贈呈します。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。