最新!  現代によみがえる『卵百珍』 国立情報学研究所と国文学研究資料館がレシピを順次公開中(特集-2017.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月26日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


変動要因の多い今年の卵価を占う

2005.01.05発行
 平成16年の卵価(全農東京M基準)は、前半は過剰生産と鳥インフルエンザの発生による需要の減退で超低卵価となった。後半は生産量が減少したため回復に転じ、年末には270円台に上昇し、年間では172円になった。17年については、減少傾向にある生産量がいつ反転するか、再発しないことを願っている鳥インフルエンザ、飼料価格、景気の動向などはどうなるのか、など多くの不安材料を抱えている。鶏卵業界の有識者の方々に17年の卵価を占っていただいたが、19人の年間平均は192円。





ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。