最新!  底堅い鶏卵、鶏肉相場 鍋物需要などへの期待も(トップ記事-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月18日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


2期連続の値下げへ 1〜3月配飼価格

2004.12.15発行
 来年1〜3月の配合飼料価格は、トウモロコシ相場の軟調や、為替の円高などから、値下げが確実視されている。値下げ幅については、フレートが再び上昇気味であることから、前期の4,200円ような大幅にはならないとみられる。
 4月中旬に1ブッシェル330セントをつけたトウモロコシのシカゴ相場は、その後、米国の豊作もあって大幅に下落し、現在では200セント前後で推移している。為替レートも円高ドル安で推移し、104円前後になっているため、前期に続いて値下げの可能性が強まっているもの。
 ただし、3月のトン73ドルから6月末には40ドルを割る水準にまで下落したフレートは、船腹需要の回復によって再び上昇し、60ドル台に乗っている。このほか副原料で価格の高いものもあるため、値下げ幅は前回ほどにはならないとみられている(前期は飼料基金の補てんがなくなったため実質負担があった)。
 全農は1〜3月の価格を20日ごろに発表する予定。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。