最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月30日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


第3回養鶏問題懇談会 報告書の骨子案を検討

2004.12.05発行
 農林水産省生産局は11月18日、第3回養鶏問題懇談会(山下喜弘座長)を開き、過去2回のの報告書の骨子などについて意見交換した。
 農林水産省から第1回と第2回懇談会の意見概要や、これに基づく報告書骨子案が説明されたが、骨子案は(1)はじめに(2)わが国における養鶏の位置づけ(3)鶏卵・鶏肉の需給動向(4)養鶏経営の動向・経営の安定(5)国際化に対応しうる生産・流通体制の構築(6)安全・安心の確保(7)消費者、生産者、流通事業者の間の顔の見える関係づくり(8)疾病の発生予防と衛生管理水準の向上(9)自然循環機能の維持増進――からなっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。