最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月30日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


AIワクチンの有効性を強調 カプア博士

2004.11.25発行
 10月28日に開いた日本鶏卵生産者協会(梅原宏保会長)主催の鳥インフルエンザ対策国際セミナーに出席したイラリア・カプア博士(イタリア国立ベネチア家畜衛生研究所ウイルス部長)は、鳥インフルエンザの総合的な防疫対策の一環としてのワクチン使用の有効性を強調した。この中で、特に養鶏の高密度飼養地域での発生では、「鳥インフルエンザウイルスの拡散を防ぐことは難しく、規制・バイオセキュリティ・監視に加えて、ワクチネーションが鳥インフルエンザを制圧する上で最も効果的な手段である」と強調するとともに、ワクチンの備蓄などを提言した。同セミナーの講演内容の報告書は近く日本鶏卵生産者協会で作成されるが、セミナーでの質疑応答と同協会理事との意見交換の要旨をまとめた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。