最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月24日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


地鶏肉の部位表示の規定を設ける 農林物資規格調査会の部会

2004.11.15発行
 農林水産省は11月4日、農林物資規格調査会の部会を開き、地鶏肉や豆乳類、煮干魚類と同粉末の日本農林規格(JAS)の見直し案を協議し、同調査会総会の了承を得て改正することにした。
 このうち特定JASの現行地鶏肉の規格では、適用の範囲をもも正肉やむね正肉などを想定した「鶏肉」としていたが、今後は部位を明確にし、ささみ(すじなしを含む)、こにく、かわ、あぶら、きも(血ぬきを含む)、すなぎも(すじなしを含む)、がらなども表示できることに改める。これにより「○○地鶏肉のもも正肉」に加え、「○○地鶏肉のきも」などの表示が可能になる。また、品質保持期限の用語を賞味期限に統一する。
 このほか、東京都畜産会や鰍スまひでから「東京しゃもは、現行の飼い方では特定JAS地鶏肉の認定が難しく、伝統的なしゃも肉の味を残すために別枠の飼い方を認めるか、平飼い項目をはずしてほしい」との要望が出された。これについては、事務局(農水省)でさらに検討し、部会に諮ることにした。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。