最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月18日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ハイパーヒートオープンを発売 前川製作所

2004.11.15発行
 (株)前川製作所(岩出功社長―本社・東京)は、150〜300度Cの高温域で調理・殺菌する連続式加熱装置「ハイパーヒートオーブン」を10月から発売した。
 同機は、大量の製品をインラインで連続的に流す食品工場に適している。特長は次の通り。
 (1)加熱・殺菌時間の短縮=食品表面での蒸気の凝縮潜熱と高温雰囲気を利用するため、初期昇温速度が速く、短時間で高温加熱ができ、ムラのない調理・瞬間殺菌ができる。
 (2)高効率伝熱=水蒸気凝縮、対流伝熱、放射伝熱を効果的に組み合わせているため、高い伝熱効果が得られ、食品の表面殺菌(大腸菌を99.9%以上殺菌)のほか、食品をふっくら・おいしく調理できる。
 (3)簡素で小型な装置=常温で運転できるため、装置を簡素化できる。また、熱容量が空気加熱の場合に比べ2倍であるため、装置を縮小化できる。
 (4)製品の品質保持=短時間の高温加熱のため、製品の水分量変化や品質劣化がほとんど起きない。また、チャンバー内は低酸素状態になるため、油脂の酸化・ビタミンの破壊は抑制され、製品の保存性(日保ち)が向上し、食品の退色防止にも効果がある。
 (5)幅広い用途=チャンバー内温度を任意の点に制御することによって、各種の食品・粉体・医療機器などの表面殺菌、ファミレス用セントラルキッチン、各種食品(惣菜・卵焼き・ウインナーなど)の調理(焼成・加熱・乾燥)、ブランチング、トマトの皮むきなど各種の工場や、幅広い用途への適応が可能。
 標準価格は仕様にもよるが、1台約2千万円。問い合わせはマエカワ・フード・プロセス・エンジニアリンググループ(電03・3642・8561)の稲葉氏まで。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。