最新!  国際養鶏養豚総合展 来年5月30日〜6月1日に名古屋で(ニュース-2017.07.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月22日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鳥インフルエンザの継続とタイの鶏肉輸出

2004.11.05発行
 2004年1月に発生が確認された東南アジアでの高病原性鳥インフルエンザ(鳥インフルエンザ)は、国際獣疫事務局(OIE)への報告順でベトナム、タイ、カンボジア、ラオス、インドネシアと感染地域を拡大した。一時はベトナムやタイで終息宣言が出されたものの、その後再発が確認されるとともに、新たにマレーシアで発生が確認され、事態は長期化の様相を呈している。
 日本への鶏肉製品の主要輸出国であるタイは、ワクチンを使わず、事態の収拾後、早期に生鮮鶏肉を再び日本とEUに輸出したいとしているが、ほかの鶏肉主要輸出国との競争上、加熱調製品の輸出増は避けがたい状態となっている。
 ((独)農畜産業振興機構発行の「畜産の情報」11月号海外トッピックスから)



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。