最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


バンコクに卵を輸出 千葉のエムイーシーフーズ

2004.11.05発行
 豊橋飼料(株)(石黒達士社長―本社・豊橋市)が平成4年に取引先企業と共同で設立した(株)エムイーシーフーズ(早川秀夫社長―千葉県市原市五所509−1)は、9月からタイの首都バンコクへ日本の卵を輸出し、「たまごかけご飯が食べられる」と現地の日本人から好評を得ている。
 バンコクでも、鶏卵やアヒルの卵が販売されているが、現地の日本人からは新鮮で安全・安心な日本の卵を食べたいとの要望が強く、(株)ジャルックス(横山善太社長―本社・東京都品川区)と共同で週1回の空輸を始め、バンコク市内のフジスーパー2店舗で6個入り徳用生食用たまご(白)パックと6個入り地養卵(赤)パックとして販売されたもの。
 卵がバンコクのスーパーに並ぶまでの経路は、千葉県内養鶏場で生産された産みたて卵が千葉丸ト販売(株)東金GPセンターに出荷されると、念入りにチェック・パッキング包装されて成田空港の指定場所に納入される。ここで動物検疫を受けてJAL機内に運ばれ、バンコクに到着後すぐにスーパーの店頭に「千葉県産徳用生食用たまご」として陳列される。
 9月2日に初めて空輸された卵は、地養卵6個入りが72パック、現地販売価格は1パック300バーツ(日本円約840円)。徳用生食用たまご6個入りが144パック、同販売価格は196バーツ(同550円)であったが、「たまごかけご飯が食べられる」と好評で、販売2日目には完売した。
 エムイーシーフーズでは「バンコクでの販売は、空輸のため価格が高くなったにもかかわらず、現地のスーパーからの期待も大きく、回を追うごとに取扱量も増えてきて、9月1か月で約3,000パックの輸出になった。今後も(株)ジャルックスと共同で、商品内容や商品構成、販売戦略を改良しつつ拡販を目指していきたい」としているが、今後は他のデパートや、アジアの他都市での拡販も期待されているようだ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。