最新!  実施主体は日本養鶏協会 29年度の鶏卵生産者経営安定対策事業(トップ記事-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


家畜排せつ物法・管理基準への対応状況などを説明 農水省・全国会議

2004.09.15発行
 農林水産省生産局は9月1日、同省7階講堂で平成16年度の畜産環境対策担当者等全国会議を開いた。
 家畜排せつ物法の管理基準が11月から完全施行されることから、各県の畜産環境対策担当者や関係団体の代表に、管理基準への対応状況や平成17年度要求予算の概要などの情報を提供する一方、11月までの法対応の周知徹底、完全施行後の法の円滑な運用などについて説明したもの。
 家畜排せつ物処理施設の整備状況については、15年度末までに約72%の施設整備が達成されている。16年度は7,800戸の整備を計画し、農水省では関連予算を拡充して施設の整備を推進している。
 同省では、法の完全施行に当たって、農家に対してはパンフレットなどで周知徹底を図るほか、家畜排せつ物処理施設に係わる税制の特例措置のうち、所得税・法人税(国税)の特別償却制度は17年3月31日までの措置となっているが、17年度税制で「畜産農家等が汚水処理用設備を取得した場合の特別償却制度」の1年延長を要望して対応していくことが説明された。
 11月の法の完全施行後は、おおむね1か月後に対象農家の全国状況調査を実施する。さらに、今後の法運用では、地域や都道府県間で情報の共有化が必要になることから、国、地方農政局、県間の情報交換・連携を図っていくことにしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。