最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月18日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


短鎖脂肪酸の生産を促進 日本バイオテックの「バイオテックス飼料用」

2004.09.15発行
 (株)日本バイオテック(坂井田実社長―東京都台東区池之端1−4−22)は、同社の微生物資材『バイオテックス飼料用』を豚の飼料に添加した試験で、腸での短鎖脂肪酸の生産が促進された、と発表した。
 短鎖脂肪酸(酪酸、酢酸、プロピオン酸など)は、腸の繊毛の発育を促すとともに、腸内を酸性にすることから、病原菌の増殖を抑制するとされている。このため、家畜家禽において酪酸などの短鎖脂肪酸を飼料に添加するケースも多い。
 豚を用いた公的研究機関での試験結果によると、配合飼料に『バイオテックス飼料用』を添加した試験区は、配合飼料のみを給与した対照区に比べ、プロピオン酸が4.9倍、n−酪酸は3.5倍、イソ吉草酸は2.0倍、n−吉草酸は1.7倍になった、としている。
 他の公的機関の試験データによると、『バイオテックス飼料用』はブロイラーの脚弱防止にも効果があったとのこと。春出荷が各区350羽、秋出荷が同202羽の供試鶏を用いて脚弱の比較をしたところ、11%〜37%の改善がみられた。
 同社では、「ブロイラーの脚弱を完全に防止することは難しいものの、『バイオテックス飼料用』が有効であることが実証された。飼料効率や肉質、環境における改善効果なども含め、ぜひ『バイオテックス飼料用』を試してほしい」としている。
 詳細は同社(電03・3827・2202、F03・3827・2201)、または最寄りの代理店へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。