最新!  鶏舎屋根に太陽光発電を設置 養鶏業界の課題解決に取り組む 加茂川啓明電機が提案(新製品-2017.11.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月19日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


サスティナビリティレポート2004を発行 協和発酵グループ

2004.08.25発行
 協和発酵工業(株)(松田譲社長―本社・東京)は、事業活動のサスティナビリティ(持続可能性)の視点から、事業活動の社会的側面、環境的側面をまとめた「協和発酵グループサスティナビリティレポート2004」をこのほど発行した。
 1999年の環境・安全レポートから通算して6冊目となる同レポートでは、社会的パフォーマンスの記載により一層力を注ぎ、名称もサスティナビリティレポートとした。主な特徴は次の通り。
 (1)見開き3ぺージのイラストを用いて、お客・社会・環境と協和発酵グループの関わりを分かりやすく示している。
 (2)社会・環境に役立つ製品・技術開発の特集を8ぺージにわたって組み、抗体医薬関連の創薬技術、健康に貢献するアミノ酸、暮らしに彩りを添える『こく味』調味料、環境対応型化学製品について記載。
 (3)企業の社会的責任の観点から、医薬事業の社会的配慮、地域社会とのコミュニケーション、企業倫理、社員との関わり、科学のおもしろさを次世代に発信する出前実験などに言及。
 (4)レポート作成の段階から学識経験者や有識者の参画を仰ぎ、情報開示の信頼性の向上や透明性の高さに努力。また、第3者の意見を掲載するとともに外部機関から第3者検証を受け、信頼性の確保を目指している。
 (5)環境省の環境報告書ガイドラインやレスポンシブル・ケアコードを参考に編集し、持続可能性ガイドライン(GRI)の考え方も導入。
 英文版は9月に発行の予定。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。