最新!  家畜糞尿の臭気対策『デオマジックZ』 日本全薬工業が10月2日に新発売(新製品-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月21日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


たまご工房うっふボーノ 都丸養鶏研究会が視察研修会

2004.08.15発行
 都丸養鶏研究会(堀田隆会長)は7月22日、このほど群馬県前橋市問屋町1−11−1にオープンした、たまご工房『うっふボーノ』(森本扶店長)を見学した。
 会場の都合で、見学時間を正午から午後5時までに設定。会員は自分の都合の良い時間に訪ね、店内を見て回るとともに、ジェラートやシュークリーム、オムライスなどを試食した。「明るい店内で、入りやすい」「鶏関連の小物もあって楽しい」「たまごのおいしさがよく出たレイアウトになっている」「ジェラートはコクがあっておいしい」「フンワリ卵のオムレツもおいしかった」「シュークリームを見直した」などと非常に好評であった。
 たまご工房『うっふボーノ』は、(株)トマル(都丸高志社長―本社・前橋市)の直売所2号店で、たまごの直売、焼き菓子やジェラート、シュークリームの製造・販売のほか、オムライスを主体にしたレストランも併設している。
 「うっふ」はフランス語で「たまご」、「ボーノ」はイタリア語で「おいしい」を意味し、「卵本来のおいしさと楽しさをお客様に知っていただきたい」(都丸社長)、との願いが込められている。
 営業時間は、売り場が午前10時から午後7時まで、レストランが午前11時から午後9時まで。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。