最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月28日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


日本ハムがU型コラーゲンプラスを発売 鶏軟骨から抽出

2004.07.25発行
 日本ハム(株)(藤井良清社長―本社・大阪市)は、同社中央研究所の技術を駆使して開発した健康補助食品『U型コラーゲンプラス』を6月18日に新発売した。
 新商品は、鶏軟骨から抽出したU型コラーゲンを含む食品で、毎日の食事に混ぜて摂取することによって、関節をケアできるというもの。
 コラーゲンは、骨、皮膚、腱などの主要たん白質で、体内で重要な働きをする成分。コラーゲンの種類は多く、これまでにわかっているだけでも19種類を数え、発見された順にT型コラーゲン、U型コラーゲンと呼ばれている。
 皮膚や骨、筋肉など広く分布しているのがT型コラーゲンで、主に美容食品や化粧品などに使われている。一方、軟骨や眼に多く存在するのがU型コラーゲンで、このU型コラーゲンを多く含む軟骨は、関節を伸ばす時のクッションの役割を果たしていて、加齢や激しい運動などによって摩耗してくると、関節炎を引き起こすこともある。近年、U型コラーゲンの摂取が、関節への栄養補給として、プロのアスリートや中高年の人から注目されている。
 コラーゲンと言えば、サメ軟骨に含まれるものが一般的であるが、鶏軟骨コラーゲンはニオイがなく、風味が良いのが特徴。顆粒状粉末タイプのため、スープなど温かい飲み物に混ぜて飲むほか、水などと一緒にそのまま飲むことができる。毎日の食事にプラスするだけで、U型コラーゲンの摂取が可能になる。1日1袋が目安。
 3g×30袋包装のスティックタイプ(税込み・送料別の希望小売り価格は3,990円)と、190gボトルタイプ(同7,350円)があり、販売は中央研究所の通信販売のみ。問い合わせは、フリーダイヤル(0120・68・1186)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。