最新!  地鶏・国産鶏の普及へ 鶏改良推進中央協議会開催(ニュース-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月19日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


卵価基金基準価格 引き上げ求める声高まる

2004.06.15発行
 平成16年度の卵価基金の補てん基準価格が、過去最低の142円になったことから、加入生産者の不満が強まり、期中改定を求める声が高まっている。
 卵価基金は、鶏卵価格の低落によって生産者の経営に及ぼす影響を緩和するため、標準取引価格が補てん基準価格を下回った場合、その差額の9割を補てんするもので、経営の下支えとして大きな効果があった。
 15年度は、卵価が大幅に下落し、基金の財源不足から年度途中で補てんを打ち切らざるを得なかったことなどから、基金制度の安定的な運営を重視して、今年度の基準価格を大幅に引き下げた。低卵価と鳥インフルエンザの風評被害によって、資金的にも一番厳しい経営環境にある生産者は、期待した補てんがなかったことと、極端に低い水準で決まった基準価格に失望感を強くしている。
 基金の会員生産者団体や関係団体では、加入生産者の意向を受けて両卵価基金や全農、全鶏連に補てん基準価格の期中改定(引き上げ)を強く要請しているが、今後はさらに多くの団体からの引き上げ要請が出てくるものとみられる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。