最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月21日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ゆで卵や蒸し鶏が対象 加工食品の原料原産地表示

2004.06.15発行
 農林水産省消費・安全局は6月3日、同省7階講堂で加工食品の原料原産地表示に関する説明会を開いた。
 加工食品の原料原産地表示については、厚労省と農水省の「食品の表示に関する共同会議」で、20種類の食品カテゴリーに拡大することを決め、今年9月のJAS総会で承認して告示する予定。完全施行までには2年間の猶予期間を設ける。
 畜産物の加工食品で原料原産地表示の対象になるのは次の5品目。
 (1)調味した食肉(加熱調理したものや、調理冷凍食品に該当するものを除く)
 (2)ゆで、または蒸した食肉、食用鳥卵(缶詰や瓶詰、レトルトパウチ食品に該当するものを除く)
 (3)表面をあぶった食肉
 (4)フライ種として衣を付けた食肉(加熱調理したものや、調理冷凍食品に該当するものを除く)
 (5)合挽肉、その他異種混合した食肉(肉塊または挽肉を容器に詰め、成形したものを含む)
 表示方法は、原材料が国産品の場合は「国産」、輸入品の場合は「○○国」などと表示する。2か国以上のものを混合した場合は、原材料の占める重量割合の多い原産国から順に記載するなど。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。