最新!  IEC(国際鶏卵委員会)ブルージュ会議開く(トップ記事-2017.09.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月26日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵選別機オムニアXFを発売 FPSモバジャパン 6月下旬に展示説明会

2004.06.05発行
 エフピーエスモバジャパン(株)(本社・兵庫県神戸市)は、新型の鶏卵選別機オムニアXF(オランダ、モバ社製)の販売を開始した。
 オムニアXFは、同社の選別機、オムニアシリーズの最新モデルで、食品の安全性確保を主眼に置いて開発されている。機械は総ステンレス製で、選別工程で卵と接触する主要な搬送部品をワンタッチで取り外すことができる。
 選別機内では、個々の卵を正確に搬送することが必要であるため、卵の搬送装置は複雑で高精度になっている。また、電気部品もあるため、従来のモデルでは卵の搬送経路の部品すべてを水洗浄することが困難であった。さらに、これらの部品は卵と直接接触するために、汚染が避けられない部分でもある。
 オムニアXFは、これらの部品を取り外して、機械の外で洗浄できるのが大きな改良点である。モバ社からは、オムニアXFと同時にパーツウオッシャーも発売されている。
 パーツウオッシャーは選別機から独立しており、(1)温水洗浄(2)洗剤・殺菌剤洗浄(3)高温水リンスの工程を自動で行なうもの。洗浄工程には、汚れの程度に応じて3種類のプログラムが用意されている。
 このパーツウオッシャーを使用すると、部品の洗浄・消毒が数分間で終了する。パーツウオッシャーには、部品の収容、搬送用のラックが4台付属しており、1台のラックで、パッキングコンベア一レーン分の部品を収容することができる。各部品のスペアがあれば、1日の生産終了時にすでに洗浄した部品と取り替えることができる。
 モバ社では、標準的な14レーンの機械を想定した場合、全レーンの部品清掃にかかる時間は1時間程度。現実的な運用方法としては、規格外卵用レーンのみを毎日、他のレーンは1日に2レーンずつ順番に清掃する。これによって全レーンが1週間に1回は清掃されることになり、これに要する時間は1日、15分程度としている。
 パーツウオッシャーを使用しない場合でも、各部品を機械の外で洗浄、消毒することができるため、清掃作業に費やす時間が短縮される。
 オムニアXFで可能になった、その他のオプション機能には、卵の表面に付着した羽毛を除去する「フェザーリムーバ」、卵の搬送ローラーを媒介して卵と卵が間接的に接触することを防ぐ「ハイジニック(衛生)ローラー」、搬送ローラーの洗浄と消毒を自動で行なう「ローラークリーナ」、大破卵を機械の外に排出して機械の汚染を防ぐ「リーカーアンロック」などがある。
 モバ社ではオムニアXFの特徴について「単に総ステンレス製のマシンということではない。モバの選別機にはモバ独自のレシーバ、バッファー、ドロップセットなどの装置があり、これらの装置は複雑で清掃が困難であった。卵と直接接触するこれらの装置を簡単に清掃できるようにすることは、選別機メーカにとって常に大きな課題となっていた。選別機に耐腐食性の材料を使用するだけでは問題の解決にならなかった。オムニアXFは、新たに機能を追加しただけでなく、HACCPなどの要件を満たす清掃を簡単に行なうことができる画期的な選別機である」と述べている。
 オムニアXFは、選別機の汚染防止と容易な清掃の両面から、食品の安全性に第一歩を踏み出したといえる。オムニアXFもこれまでのオムニアシリーズと同様に、85型、125型、170型、250型、330型の五モデルがあり、選別能力はそれぞれ、時間当たり3万卵、4万5千卵、6万卵、9万卵、12万卵となっている。
 エフピーエスモバジャパン(株)は、6月28日から7月2日まで茨城県内の同社倉庫で、オムニアXF170型を実際に作動させて展示、説明会を行なう。詳細は同社(電078・262・5661)まで。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。