最新!  岩手県の食材使い復興地支援を支援 ローソンがオヤマやアマタケと協力(ニュース-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


不活化ワクチン「タロバックEDS」 ゲン・コーポレーションが発売

2004.05.05発行
 (株)ゲン・コーポレーション(上野和孝社長―本社・岐阜市折立296−1)は、産卵低下症候群―1976(油性アジュバント加)不活化ワクチン「タロバックEDS」を新発売する。
 タロバックEDSは、ドイツ・ローマンアニマルヘルス社製で、1991年にドイツで認可を受けた後、ヨーロッパ、アフリカ、中近東、南アフリカ共和国で発売されて実績を上げている同ワクチンは、北アイルランドで分離されたEDS―76ウイルスMcFerran127株を不活化し、油性アジュバントを添加した不活化ワクチンで、国内でも安全性、有効性が確認されている。
 主な特徴は、(1)1回の注射で、14か月以上免疫が持続する(2)注射部位は、頸背部皮下と胸部筋肉内のいずれも可能である(3)抗体応答に優れたMcFerran127株を使用している(4)日本の流行株に対しても優れた防御効果を示す、など。
 詳細は、同社のバイオ・ヘルス事業カンパニー(電058・234・2400)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。