最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月21日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「クリトレー」を新発売 安定形状で破卵も減少 栗原製作所

2004.05.05発行
 鶏卵パックの総合メーカー、(株)栗原製作所(栗原照次郎社長―本社・奈良県大和郡山市小泉町南河原1255)は、業務用A―PET製鶏卵トレー『KURITRAY/クリトレー』をこのほど新発売した。
 『クリトレー』は、より衛生的な業務用包装容器を、とのユーザーニーズに応えて開発されたもので、卵パックと同じ再生A―PETを素材に使用している点が最大の特長。
 100%リサイクル樹脂であるため、高まる循環型ニーズにも対応しており、将来は再リサイクルも可能である。このほかの主な特長は(1)非常に衛生的(2)安定形状で卵のすわりが良く、破卵も減少する(3)冷蔵庫に入れることができる(4)透明であるため、箱詰めの際、下の卵が見やすい(5)将来はオートパッカーにも対応できるようになり、作業効率の向上と人件費の削減が図れる、などが挙げられる。
 業務用鶏卵容器は、これまで吸湿性に優れたモウルド製が主流になっている中で、新発売の『クリトレー』は吸湿性がなく、長期保存にはなじまない。しかしこのことが、“より新鮮な鶏卵を流通させる”ための大きな特長ともなっている。このため、急速に高まりつつある食品衛生管理ニーズに、より対応するパッケージとして、大いに期待できる。
 現在、LL・L用、M用、MS用の三種類をラインナップ。サイズは、いずれも幅44.6cm×奥行き29.4cm×高さ4.3cmで、10kgダンボール箱にきれいに収まり、そのまま使用できる。
 食品衛生は今後、一段と厳しくなる情勢であり、とりわけ病院、学校給食、ホテル、外食産業などでは、厳格な「衛生管理」が求められる。このため各地の需要家からの引き合いも増えているという。
 詳細は、同社(電0743・53・2865)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。