最新!  平成28年の鶏卵生産量は1.6%増の256万トン(トップ記事-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月30日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


にぎやかに「たまごフェスティバル」 都卵協

2004.05.05発行
 (社)東京都卵業協会(高杉勝利会長)は4月18日、東京・新宿の新宿駅西口広場イベントコーナーで毎年恒例の「第21回たまごフェスティバル」(大石勝英実行委員長)を開いた。
 同フェスティバルは、良質で安価な国産鶏卵の消費を拡大するため、同協会が農林水産省生産局、東京都、(独)農畜産業振興機構の後援を得て毎年開いているもの。今年は国内で発生した鳥インフルエンザに伴う風評被害で、鶏卵の消費が落ち込んでいるため、鶏卵の安全性のPRにも力を入れた。
 高杉会長が「今日のフェスティバルを境に、鶏卵の消費回復・拡大と、卵価が少しでも上昇することを祈っている」とあいさつして開会。会場には、家族連れの買い物客を中心に幅広い年齢層の消費者が多数訪れた。
 協賛各社(イセ食品(株)、伊藤忠飼料(株)、キユーピータマゴ(株)、協和発酵工業(株)、全農中央鶏卵センター、中部飼料(株)、豊橋養鶉農協、日清丸紅飼料(株)、日本農産工業(株)、日本配合飼料(株))は、ブランド卵(うずら卵)や鶏卵加工品をチャリティ特別価格の1パック100円で販売。また都卵協は、100円のチャリティで先着1,500人に鶏卵2パック(10個入り)をプレゼントする「たまごチャリティ」を実施。どちらも用意した卵が終了予定時刻の1時間前になくなるほどの大好評で、「今度のイベントはいつやるの?」と都卵協会員に問いかける消費者もいた。
 このほか「似顔絵プレゼント」や「スタンプラリー」「タマゴクイズ&アンケート」「ヨーヨー釣り」「福引きコーナー」「エッグドールの展示」などのイベントも盛りだくさんであった。
 「タマゴクイズ」では、(1)賞味期限を過ぎた鶏卵は?(十分加熱すれば食べられる)(2)鳥インフルエンザが日本でも発生したが、鶏卵、鶏肉を食べても大丈夫か?(鶏卵、鶏肉ともに食べてよい)(3)高病原性鳥インフルエンザが発生すると、その周辺の一定地区では鳥、その生産物などの移動が禁止されるがその理由は?(鳥に感染が広まらないように)(4)「脳を活性化させて記憶力をアップする」と注目される鶏卵のある成分は?(コリン、レシチンの一成分)(5)風邪薬に配合されている塩化リゾチームは鶏卵のどこに含まれているか?(白身)――の質問が出され、悪戦苦闘しながら解答する人の姿もみられた。
 「たまごチャリティ」などで集まった募金は、(財)東京善意銀行を通じて福祉団体に寄付される。協賛団体・各社は次の通り。
 全国鶏卵消費促進協議会、(社)日本卵業協会、(社)日本養鶏協会、(社)全日本卵価安定基金、日本鶏卵生産者協会、青森県養鶏協会、全農、全農中央鶏卵センター、全鶏連、日鶏連、(協)日本飼料工業会、ホクレン農協連、全国たまご商業協同組合、東京鶏卵事業協同組合、(農)緒川村養鶏組合、豊橋養鶉農協、常盤村養鶏農協、神奈川中央養鶏農協、(農)斗南養鶏、キユーピータマゴ(株)、東洋鶏卵(株)、東京鶏卵(株)、伊藤忠飼料(株)、日本配合飼料(株)、協同飼料(株)、イセ食品(株)、日本農産工業(株)、協和発酵工業(株)、日清丸紅飼料(株)、中部飼料(株)、倉持産業(株)、太陽化学(株)、(株)栗原製作所、(株)あすなろファーム、イフジ産業(株)、(株)シンケン、(有)ふなばやし農産、中日本(株)、(株)愛鶏園、ダイヤフーズ(株)、三州食品(株)、(有)東北ファーム、マルイ食品(株)、階上産業(株)、(有)トヨサキ養鶏、(有)松岡養鶏、(有)大栄ファーム、(株)やなぎた、鶏卵トレー容器協会(大石産業(株)、日本モウルド工業(株)、日板産商(株))、フルタ製菓(株)、(有)山六印刷、日本養鶏記者クラブ



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。