最新!  共和機械 パック卵包装で新製品 パック詰め装置とパック自動箱詰め機 自動化と省力化を実現(新製品-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月23日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農5月市況見通し 卵価は弱含み予想? 食鳥には底打ち感

2004.04.25発行
 鶏卵は早期淘汰を実施しないと市況は弱含みが予想される中で、食鳥は減産傾向から、底打ち感が出てきた――。
 全農がまとめた4〜5月の畜産物市況によると、4月の卵価は、全農東京Mサイズ月間平均で130円前後(前年160円)の予想。
 5月については「供給面では、秋ひなの産卵ピークを迎えるため、生産量はさらに増加する見込み。昨年の秋ひなえ付けはやや減少しているものの、飼養期間の延長が継続され、早期淘汰などの実施による稼働羽数の抑制が進まなければ、昨年以上の供給過剰に陥る可能性がある。
 需要面では、鳥インフルエンザ問題による不安感からの回復が望まれるが、家計消費量や特売実施率などが大きく回復する状況は期待できず、消費環境の改善はあまり望めないため、連休以降、販売不振による大幅な滞貨玉が発生することが懸念される。市況は、Mサイズ月間平均で120円前後(前年145円)か」と見ている。
 食鳥については、3月は風評被害で消費が50%に落ち込んだところもあったが、4月に入って徐々に回復しているといわれる。生産面では「減産傾向が顕在化しており、5月以降のひな導入羽数は東北で大幅な減少、南九州は前年並みと、地方でのバラツキも発生し、全体では漸減傾向の見込み」としている。
 輸入物に関しては「タイ・中国・米国からの輸入は停止しているものの、業務加工筋での対応(アイテム削減や他品目への転換など)や需要減、ブラジル物の手当てで賄われている、さらに鶏肉加工品(調製品)の輸入再開も大きな要素となり、引き合いも回復傾向に向かうものと思われる。一方、業務加工需要については、調製品輸入再開の影響を直接受け、むね肉を中心に弱含みの推移が見込まれる」としている。
 この結果「市況は月間平均では、もも肉460円前後(前年の4月571円、5月530円)、むね肉210円前後(前年の4月175円、5月181円)と推測される」としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。