最新!  鶏卵生産者経営安定対策事業は49億円 飼料用米の交付金も継続 農水省の概算要求(トップ記事-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月25日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


2月輸入 鶏肉は5割減少 鶏肉調製品は9割減

2004.04.15発行
 財務省関税局は、16年2月分の輸入通関実績をまとめた。
 《鶏肉関係》鶏肉は、主要輸入国であるタイや中国、米国などで高病原性鳥インフルエンザが発生し、輸入停止措置がとられているため、前年同月比52.3%の17,435トンになった。このうち、ブラジルからの輸入は同171.1%の16,155トンで、約93%のシェアを占めた。鶏肉調製品は同11.5%の1,469トンと、大幅に減少した。
 1〜2月の累計は、鶏肉は前年同期比61.3%、鶏肉調製品は同75.3%、鶏の肝臓は同36.3%、七面鳥肉は同42.2%、七面鳥くず肉調製品は同100.9%、家きん肉は同62.8%、その他の家きん肉調製品は同62.4%、家禽の肝臓は同89.8%。
 《鶏卵関係》卵白粉、全卵粉、卵黄粉が前年同月を上回った。
 1〜2月の累計は、凍結全卵は前年同期比90.1%、凍結卵黄は同103.8%、卵白粉は同100.8%、全卵粉は同159.7%、卵黄粉は同114.0%、殻付卵は同2.9%、家きん卵は同84.2%、マヨネーズは同32.3%。
 2月の輸入卵の殻付換算は7,441トン(前年同月比119.9%)で、1〜2月累計は18,751トン(前年同期比104.6%)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。