最新!  東北ファーム総合GPセンターが竣工 オリジナル仕様の設備で合理化(ニュース-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月23日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


消毒剤「グルタ―Z」寄贈 日本全薬工業とヤシマ産業

2004.04.05発行
 79年ぶりに国内で発生した高病原性鳥インフルエンザは、終息に向かいつつあるものの、養鶏現場では今度は、いつ、どこで発生するか、戦々恐々としている。
 動物薬メーカーの日本全薬工業(株)(本社・福島県郡山市)とヤシマ産業(株)(本社・神奈川県川崎市)は、発生に伴う養鶏産業の窮状に、いささかでも役立ちたいとして方策を検討した結果、消毒剤「グルタ―Z」5リットル入り400缶(約1,000万円相当)を、(社)日本養鶏協会を通じて、京都の発生地域・半径30km内の5家畜保健衛生所(京都4、大阪1)と、愛知、兵庫の関係先に寄贈した。
 養鶏現場では、鳥インフルエンザ対策としてウイルスが農場に侵入しないよう(1)ウイルスに感染している鶏を導入しない(2)ウイルスに汚染された器材、車両、卵ケースなどを持ち込まない(3)人の衣服、手、長靴などを介して持ちこまれないようにする(4)野鳥が鶏舎に出入りできないようにする――などの対策に取り組んでいるが、その基本はまず消毒である。
 インフルエンザウイルスは、表面がエンベローブと呼ばれる壊れやすい膜で覆われているため、次亜塩素酸ナトリウム液、アルカリ液、ホルムアルデヒド液、クレゾール液、逆性石鹸液などの一般の消毒薬が有効である。寄贈を受けた関係先では、使用方法の説明を受け、さっそく消毒作業に使い、喜ばれている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。