最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月23日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


JAS地鶏肉 熊本コーチンを認定 熊本県養鶏農協が一貫飼育

2004.03.25発行
 熊本県養鶏農協(三宮正信組合長―熊本県菊池郡西合志町野々島4393−190)は、2月27日付で「熊本コーチン」が地鶏肉としての特定JAS認定(生産行程管理者)を受けたと発表した。
 熊本種は、明治時代に、在来種のバフコーチン種を交配して作出された全身が橙黄色を帯び、大型で肉質の優れた肉専用種。戦前は広く熊本県内全域で飼われていたが、農家養鶏が減少し、絶滅寸前になっていたものを、県の養鶏試験場が昭和51年から保存改良と増殖に取り組んでいた。試験場で良質肉を生かした肉用鶏の改良と研究を続けた結果、種本種よりもさらに大型で強健な肉用鶏の「熊本コーチン」が完成したもの。
 現在、熊本県養鶏農協が県の指定ふ化場として、種鶏の飼育からヒナの生産、コマーシャルの育成までを一貫して取り組んでおり、年間のえ付け羽数は25,000羽〜30,000万羽。育成期間は16週齢(112日)で、体重はオスメス平均で2.8kg(オス3.3kg、メス2.3kg)。肉の特質は赤味を帯びて弾力性があり、適度の歯ごたえに加え、味もコクがあっておいしく、刺身としてもよい、などの特長をもっている。
 特定JASの認定は、今回の熊本コーチンで11銘柄となる。同農協では、熊本コーチンのおいしさを認識してもらうために、一般消費者を集めた試食会などを開いているが、今後はさらに普及を図るとともに、需要に見合った生産を行なっていきたいとしている。現在の販売先は関東地方の大手デパートや卸問屋に約70%、残り30%は県内で、地元の卸業者を通してデパートで販売している。

天草大王も販売

 熊本県養鶏農協は、地鶏の「天草大王」も販売している。天草大王は、熊本県農業研究センターが「ランシャン種」に「大シャモ」、「熊本コーチン」を交配して選抜交配を繰り返して復元した。地鶏の「天草大王」は、天草大王の交配雄と九州ロードの雌を交配したもの。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。