最新!  地鶏・国産鶏の普及へ 鶏改良推進中央協議会開催(ニュース-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵自主基金が解散 理念や事業は生産者協会が継承

2004.03.15発行
 (社)日本養鶏協会鶏卵自主基金事業部(梅原宏保幹事長)は2月26日、東京・千代田区神田淡路町のホテル聚楽で第15回臨時総会を開き、同基金の解散などを決議した。
 冒頭あいさつした梅原幹事長は、平成3年に設立して13年が経過した同基金の事業を振り返るとともに、「新たに日本鶏卵生産者協会が設立されたため、自主基金が解散しても、その理念や事業内容は日本鶏卵生産者協会に引き継がれる」などと述べた。
 村石愛二氏(千葉県)を議長に同基金の解散や15年度事業報告・収支計算、清算人などについて審議したが、いずれも原案通り承認した。
 同基金は3人の清算人によって清算され、残余の財産(約6,300万円)は日本鶏卵生産者協会が実施する事業に支出することを指定し、(社)日本養鶏協会の特定財産会計に繰り入れる。
 議事終了後、日本鶏卵生産者協会の活動状況を報告した梅原幹事長は、鳥インフルエンザや低卵価などの対策について、精力的に要請活動を実施している――とした。
 彦坂治美副幹事長が、13年間にわたる同事業部の活動への協力に謝意を表し、「新組織においても力を合わせ、国際化に対応した活動を会員に期待したい」などと述べて閉会した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。