最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月17日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


03年の輸入 鶏肉減少、調製品増加 鶏卵関係は減少

2004.02.25発行
 財務省関税局は、2003年12月分の輸入通関実績をまとめた。
 《鶏肉関係》12月の鶏肉輸入は前年同月比75.4%の29,629トンになり、3万トンを割り込んだ。内訳は骨つきももが2,408トン(同35.1%)、その他鶏肉が27,221トン(同83.9%)。このうち冷蔵物は、骨つきももが44トン(同67.0%)、その他鶏肉が186トン(同56.6%)。3万トンを割り込んだ要因には、ブラジルが同68.7%の6,976トンにとどまったことが挙げられる。鶏肉調製品は同120.0%の26,192トン(同138.1%)。
 この結果、03年の鶏肉の輸入累計は、前年比88.9%の466,136トンになった。内訳は骨つきももが47,884トン(同97.1%)、その他鶏肉が418,252トン(同88.0%)。
 国別では(1)タイ(2)ブラジル(3)中国(4)アメリカの順で、この4か国で全体の98.7%を占める。中国は鳥インフルエンザによって輸入が一時停止されたため、同52.9%とほぼ半減した。
 一方、鶏肉調製品は同104.6%の228,200トンで過去最高を記録したものの、伸び率は1ケタ台にとどまった。国別では(1)中国(2)タイ(3)アメリカの順で、この3か国で全体の99.4%を占める。
 このほか、鶏の肝臓は同52.9%の427トン、七面鳥肉は同125.4%の993トン、七面鳥くず肉調製品は同169.8%の212トン、家きん肉は同100.4%の12,072トン、その他の家きん肉調製品は同122.0%の3,969トン、家きんの肝臓は同109.5%の647トン。
 《鶏卵関係》12月の鶏卵関係の輸入量は、家きん卵のみ前年同月を上回った。
 03年の輸入累計は、凍結全卵は前年比90.4%の2,744トン、凍結卵黄は同90.2%の11,214トン、凍結卵白は同12.7%の46トン、全卵粉は同86.5%の2,714トン、卵黄粉は同90.4%の2,244トン、卵白粉は同93.4%の8,696トン、その他粉卵は4トン、殻付卵は同82.8%の969トン、家きん卵は同100.0%の881トン、マヨネーズは同107.1%の2,451トン。
 凍結全卵は中国、タイの2か国で全体の98.6%、凍結卵黄はアメリカ、ブラジル、カナダ、タイの4か国で98.9%、全卵粉はアメリカ、ブラジル、カナダ、中国の4か国で87.4%、卵白粉はオランダ、カナダ、フランス、ドイツの4か国で64.6%、卵黄粉はアメリカ、インド、カナダの3か国で91.9%を占める。
 殻付卵は、ブラジルが全体の94.0%を占めたものの、輸入量は大幅に減少した。
 2003年の輸入卵の殻付換算は、前年比91.7%の107,818トン。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。