最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ヒアルロン酸の生産工場を新設 キユーピー

2003.12.05発行
 キユーピー(株)(本社・東京)は、五霞工場(茨城県五霞町)の敷地内にヒアルロン酸の生産工場を新設し、2004年5月から製造を始める。
 同社は現在、鶏冠(とさか)から抽出する方法(鶏冠抽出法)でヒアルロン酸を生産しているが、天然原料である鶏冠の供給量の増加が容易ではないため、新たな生産方法の研究を2000年秋ごろから進めてきた。
 食酢を製造する関連子会社(キユーピー醸造(株))の微生物の発酵技術と、同社のヒアルロン酸の精製技術を組み合わせた発酵法の開発に目途が立ったため、五霞工場の敷地内に発酵法による生産工場の新設を決めたもの。総建築面積は429uで、投資額は約2億5,000万円。
 ヒアルロン酸は医薬品や化粧品、食品用の原料として需要が拡大しており、現在は約9トン、約100億円の市場規模がある。
 同社は鶏冠抽出法と発酵法の2通りの生産方法を持ち、それぞれの特徴を生かした販売を行なうことで、国内の食品向け市場や海外市場への展開を積極的に進め、ヒアルロン酸のトップメーカーを目指す。現在の販売量は1〜2トン弱であるが、2009年には、鶏冠抽出法と発酵法を合わせて約5〜6トンの販売を計画している。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。