最新!  岩手県の食材使い復興地支援を支援 ローソンがオヤマやアマタケと協力(ニュース-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ゴールデンネックを共同販売 21世紀の会03が10周年記念事業で

2003.11.15発行
 食鳥業界の若手で組織する「21世紀の会03」(田村隆博会長、(株)ヒノマル社長)は10月25日、東京・中央区八重洲の八重洲富士屋ホテルで『10周年記念事業』を開いた。
 10周年を記念して同会の鶏として共同販売する“ゴールデンネック”は、ロードアイランドレッドのメスと横斑プリマスロックのオスを交配した一代雑種(F1)で、首に金色の羽が生えるのが特徴。金羽の出現には120日齢ほどの期間が必要とされる。在来種由来血液百分率は100%。平飼いで、特定JASの基準を満たした飼育(1u当たり10羽)をする。
 8月18日には、126日齢でオス3.5kg、メス2.7kgの体重で生鳥出荷した。途中の体重推移などのデータは、香川県畜産試験場に依頼しているほか、同試験は平成16年1月に行なわれる産肉能力検定試験として出品するとのこと。
 (株)森孵卵場の和歌山農場で生産し、解体処理は大阪の鳥ぴん(株)が行なう。第1回目の出荷は、8月22日にえ付けした27羽で、クリスマスごろを予定している。10月10日以降は、毎週45羽ずつえ付けしており、出荷は来年2月中旬ごろになる予定。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。