最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月21日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


国際養鶏・養豚総合展'04 来年6月16〜18日、名古屋市で

2003.05.15発行
 国際養鶏・養豚総合展運営協議会((社)日本養鶏協会、(社)全国養豚協会、(社)日本畜産施設機械協会で構成)は、4月25日の幹事会で『国際養鶏・養豚総合展 '04』の開催を決めた。
 開催時期は2004年6月16日から18日までの3日間で、会場は前回と同じ名古屋市のポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)。名古屋駅から会場まで無料シャトルバスを運行する。
 会場までの交通アクセスについて同展運営協議会は、これまでの経験を踏まえ、よりスムーズなシャトルバスの運行に努める、としている。
 講演会は「2010年の養鶏・養豚はどうなるか」をテーマに、生産から消費までを方向付けし、日本の養鶏・養豚産業の発展を目指す内容になるよう、今後パネラーを決める。
 総合展への出展料は前回と同額で、今年8月から出展案内を発送する。出展への申し込み期間は今年10月1日から12月19日まで。
 詳細・問い合わせは同展運営協議会事務局((社)日本養鶏協会内)の武田隆夫事務局長(電03・3294・5786、F03・3294・5787)へ。
 前記は7月末までの連絡先で、8月以降は(社)日本養鶏協会の事務所が移転するため変更になる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。