最新!  29年4〜6月期1700円補てん 配合飼料3基金(ニュース-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月20日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


前年度より1円下げの168円 15年度卵価基金補てん基準価格

2003.05.05発行
 注目されていた平成15年度の卵価基金の補てん基準価格は、全農系の(社)全国鶏卵価格安定基金は4月24日に、全鶏連系の(社)全日本卵価安定基金は4月25日にそれぞれ評議委員会、理事会を開き、理事長に一任。その後、農林水産省などとの折衝の結果、前年度より1円下げの168円にすることになり、両基金は農林水産省生産局長に承認申請し、受理された。
 15年度の卵価基金の補てん基準価格について、全農、全鶏連などの生産者団体は、牛肉、豚肉、牛乳の畜産物価格がほぼ据え置きとなったことから、卵価基金の基準価格も前年度を下回らない水準を希望していた。
 農林水産省は、ひなえ付け羽数の増加から、今年は鶏卵生産量の増加が見込まれ、卵価も前年をさらに下回ることが予想されるため、前年度並みの水準では補てん金支払いが多額になり、基金の財源が心配される――などとしていたが、最終的には前年度より1円下げの168円にすることになった。ただし、4〜6月の補てんが大幅になった場合は、年度途中での基準価格の引き下げ、さらには財源がなくなれば補てんの打ち切りもあるとしている。
 鶏卵1キログラム当たりの積立金は前年度通りで、全農系の全国基金は生産者が5円、全農が75銭、経済連が50銭、農協が50銭。
 全鶏連系の全日本基金は生産者が5円、全鶏連が75銭、鶏卵販売農協が1円。
 高卵価月積み立ての基準は、基準価格プラス120円の288円で、
288円以上293円未満 1円
293円以上298円未満 2円
298円以上303円未満 3円
303円以上308円未満 4円
308円以上       5円
を積み立てる。
 また、新規加入者の別途納付金は5円となっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。