最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月17日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


14年家計調査 鶏肉3.6%増、鶏卵2.1%減

2003.02.25発行
 総務省統計局が2月7日に発表した平成14年(1〜12月)の家計調査結果によると、全国1世帯(世帯人員3.19人)当たりの鶏肉の購入量は12.061キログラムで前年比103.6%、支出金額も11,405円で同105.6%と、BSEの代替需要もあって量・金額ともに前年を上回った。
 一方、鶏卵の年間購入量は32.984キログラム、前年比97.9%で10年連続して減少した。支出金額は、卵価が一昨年より若干良かったことから、8,549円で同100.7%と3年ぶりに前年を上回った。
 このほか食肉関係では、牛肉が購入量7.694キログラムで前年比93.8%、支出金額20,076円で同95.0%と回復基調。豚肉は購入量17.010キログラムで前年比104.1%、支出金額23,270円で同105.1%と、BSEの代替需要が弱まってはきたものの、依然として高水準にある。また、マヨーネーズ・ドレッシングは、購入量が4.787キログラムで前年比99.5%、支出金額が2,848円で同101.3%となっている。
 1世帯当たりの人数を基に、本紙で試算した1人当たりの購入量と支出金額では、BSEの影響で、牛肉の消費量・支出金額が大幅減になり、豚肉と鶏肉の代替需要が顕著になっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。