最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ダイヤフーズの環境配慮型『エコナパック』が好評 鮮度保持にも有効

2003.02.15発行
 鶏卵パックメーカーの最大手、ダイヤフーズ(株)(加茂守社長―本社・大阪府池田市渋谷1―6―20)は、安全・安心・環境配慮をコンセプトとする鶏卵パック『エコナパック』を販売しているが、防虫・防塵・鮮度保持効果などが認められ、大手鶏卵メーカーや流通業者から好評を得ている。
 『エコナパック』は、パック形状を簡易密封型にすることで、(1)ハエや虫などの侵入を防止(2)簡易密封型にしたことによって、従来のパックに比べてハウユニット値が保持される(3)開封・密封の繰り返し使用が可能で、家庭でもその利点を活かして冷蔵庫に保管し何度も利用できる(4)GPセンターでのパッキング時において、従来のシール機をそのまま使用できる、などの特長を備えている。
 また、パックの原料シートは、同社が開発した3層式シート(3層になった真ん中はリサイクル原料、食品が接触する内側および手が接触する外側はバージン原料を使ったシート。特許取得済み)を使用している。
 同社は、安全・安心なリサイクルシートを使用した鶏卵パックを生産する一方で、需要拡大に合わせて生協などと協力し、自社製鶏卵パックの回収・再利用の仕組みを推進。リサイクル利用を通じ循環型社会の形成を心掛けている。
 同社では、「パック形状に工夫を凝らしたエコナパックは、鮮度保持特性が活かせることからチルド輸送にも適しており、循環型社会の流れにも乗って関心を集めている。さらに、パッキング時の作業性・生産効率性を上げるため、簡易テープシーラーのハッター君を利用して、総合的に合理化を推進したいとするGPセンターが増えてきた」としている。
 詳細は、同社(電072・753・3330)へ。
 【写真は環境に配慮した「エコナパック」】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。