最新!  平成28年の鶏卵生産量は1.6%増の256万トン(トップ記事-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月31日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「おかやま地どり」を認定 全国で6例目の特定JAS地鶏

2003.02.15発行
 昨年11月に、農林水産省から地鶏肉の品質を規定する特定JAS(日本農林規格)の登録認定機関の認可を受けた(社)岡山県畜産会(岡山市磨屋町9―18)は、12月24日付で「おかやま地どり」【写真】の生産工程管理者(加茂川町せんたろう公社)1件を認定した。
 「おかやま地どり」の地鶏肉の特定JAS認定は全国で6例目。「おかやま地どり」は、昭和63年に岡山県養鶏試験場で作出された鶏で、特色は、(1)在来種血液が50%(2)飼育期間はふ化後100日(3)飼育方法は平飼い(4)飼育密度は28日齢以降は1平方メートル当たり10羽以下――で飼われたもので、肉質は赤味を帯びて厚みがあり、適度の脂肪を含んで、歯ごたえのある肉質と特有のコクと風味を備えているのが特徴。
 生産工程管理者の認定を受けた加茂川町せんたろう公社(岡山県御津郡加茂川町)では、11月27日にえ付けされたロットから特定JAS認定地鶏肉(早ければ3月ごろに出荷)となるが、年間出荷は初年度6千羽を予定している。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。