最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月19日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農の市況予測

2003.01.25発行
 全農は、このほど1〜2月の畜産物市況予測をまとめた。鶏卵と食鳥の見通しは次の通り。
 〈鶏卵〉
 1月=供給面は、前月の生産調整の影響で、生産量は少なめの推移になるものと思われるが、年末年始の滞貨玉が相当量発生することが見込まれることから、その解消が進むまでは余剰感が続くものと思われる。
 需要面は、年末の特需から一転、通常ペースの荷動きに戻る見込み。速やかに需給バランスが通常レベルに戻れるよう、加工筋による年末滞貨の早期解消に期待したい。
 相場は、滞貨玉の発生状況と加工筋の吸収力次第であるが、滞貨解消とともに相場は上伸に転じる見込み。
 2月=供給面は、生産調整明けの産卵開始が見込まれることから、生産量は次第に増加する見込み。え付け羽数の水準が落ちていないため、生産量は引き続き多めの推移となるであろう。
 需要面は、不況の影響から量販店の決算特売も多くを望めず、また、気象庁見通しでも今年は暖冬となる可能性が高いため、鍋物などの消費も影響を受け、荷動きが停滞する可能性がある。
 〈食鳥〉
 1月=PWVの見通しによると、平成15年1月の国内出荷は、計画処理羽数が前年比102.9%、同処理重量が同102.7%となっており、引き続きやや増産基調の推移が予想される。
 需要面は、年始の特需が一巡する中旬以降、供給量によっては、やや荷もたれ感の発生も考えられ、楽観はできないが、全体的には一定の引き合いが継続するものと思われる。
 市況は、入荷状況にも左右されるものの底固い展開が見込まれ、月間平均では、モモ730円前後(前年724円)、ムネ215円前後(同306円)か。
 2月=PWVの見通しによると、二月の国内出荷は、計画処理羽数が前年比102・1%、同処理重量が同100・9%となっており、入荷量は徐々に平年べースに戻るものと考えられる。
 需要面は、量販店の決算がらみの特売需要が期待される時期だが、供給体制に一部不透明な要素が残ることや、量販店自体の経営環境が厳しさを増していることもあり、需給バランスの動向は予断を許さない。市況は当面保合い圏内で様子見の展開となろう。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。