最新!  IEC(国際鶏卵委員会)ブルージュ会議開く(トップ記事-2017.09.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月27日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


1〜3月期配飼価格 平均トン900円値上げ

2003.01.05発行
 全農は去る12月20日、15年1〜3月期の配合飼料価格を、全国全畜種総平均で1トン当たり約900円引き上げると発表した。主な理由は海上運賃の上昇と、為替相場が円安に動くと見通したため。商系も同様の値上げを実施する。
 値上げは、10〜12月期に続いて2期連続。今回の値上げでは、牛用が平均を上回る1,000円程度となり、鶏用・豚用は800〜850円程度にとどまるようだ。
 全国配合飼料供給安定基金は、改定価格が直前1年間の平均を上回った場合に補てんする仕組みで、25日の理事会で1,550円の補てんが決まった。この結果、農家の実質負担増は、値上げ分900円と10〜12月期の補てん金額1,050円の合計1,950円から、今回の補てん金額1,550円との差額の400円(養鶏用は値上げ幅が小さい分だけ少なくなる)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。