最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月21日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


過熱蒸気式の温泉卵〜ゆで卵製造装置 エコノス・ジャパンが新発売

2003.01.05発行
 (株)エコノス・ジャパン(星田真一社長―静岡県小笠郡菊川町吉沢491―1)は、このほど過熱蒸気式の「温泉卵〜ゆで卵製造装置」を開発した。
 一言で温泉卵といっても、その仕上がり具合への要望はさまざまで、微妙な温度管理が必要である。同社が開発した装置は、幅広い温度帯で蒸気をコントロールすることで、トロトロの温泉卵から固ゆで卵まで、細かなニーズに対応する。
 同社によると、「これまでの温泉卵の製造方法には、湯せん式と遠赤外線式があったが、湯せん式の場合は(1)多量の排水が発生し処理が必要(2)衛生上の管理が大変であるなど。一方、遠赤外線式の場合は(1)熱効率が悪い(ランニングコストが高く、装置寸法が大きい)(2)被射物から水分を奪う――といった欠点があった。これに比べて過熱蒸気式は、遠赤外線式よりもしっとりと、湯せん式よりも衛生的に加工処理できる」としている。
 熱効率の良い過熱蒸気を活用したため、装置寸法は全長約3メートル×幅約1メートルと、大変コンパクトなサイズで、温泉卵の生産能力は1時間当たり4,000〜5,000卵(状態にもよるが、加工時間は8〜10分程度)。多層コンベア方式を採用しているため、メンテナンスも容易である。
 生産は、アメリカントレーのまま投入できる手軽さで、卵をトレーに載せたまま加熱するため、投入に当たっての卵の移し変えは必要なく、設定装置もタッチパネル入力で簡単にできる。
 また、オプションで「スーパースチーマ過熱蒸気」での卵殻の表面殺菌装置も組み込みが可能で、より安全・安心な卵製品が生産できる。
 同社では「温泉卵とゆで卵の両方を生産したい」「生産ラインを設けたいが、スペースがない」といったニーズに応えた卵加工製造装置である――としている。
 詳細は同社(電0537・35・0667、F0537・35・0668)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。