最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月30日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


第1回チャンキースクール開催 種鶏の管理技術など学ぶ

2002.12.05発行
 (株)日本チャンキー(菊池修社長―本社・岡山県和気郡和気町大中山1249)は、11月13日から15日までの2泊3日の日程で、岡山県和気郡和気町の和気鵜飼谷温泉で『第1回チャンキースクール』を開催した。
 同スクールには、全国各地のチャンキー種鶏のユーザー各社から、種鶏の飼養管理に携わる19人が出席。チャンキー種鶏の基本的な管理技術はもとより、病理衛生から飼料栄養にいたる専門的な知識を勉強した。また、種卵の取り扱いと割卵検査、孵化と生産についても同社のスタッフからレクチャーを受けた。
 第1日目は、菊池社長の開講のあいさつの後、同社営業課の山本主課長が「当社概要とチャンキー種の育種改良」と題して説明した。次いで「チャンキー種鶏の飼養管理・育成管理」について営業部技術普及担当の茂田洋史部長が講義した。講義後は各グループ(ABCにグループ分け)でディスカッションを行ない、グループ討議のまとめをそれぞれ報告した。
 2日目は「チャンキー種鶏の飼養管理・成鶏期」について営業部技術普及課の戸田功課長が講義、その後グループディスカッションと各グループのまとめを報告した。午後からは、「病理および衛生」について岡山原種鶏場(病理衛生部長を兼務)の大槻敏章場長、「飼料栄養」について丸紅飼料葛Z術研究所養鶏開発課の山之内正弘課長代理が、それぞれ専門的な立場から解説した。
 最終日の3日目は「チャンキー種の飼養管理・光線管理」について茂田洋史部長が説明した後、グループディスカッションと各グループのまとめを報告。引き続き、技術普及担当の田中康之氏が「種卵の取り扱いと割卵調査」、岡山原種鶏場孵卵課の高山武仁課長が「孵化と生産計画」についてそれぞれ解説した後、総合討論に入った。
 終了式では、菊池社長から受講生に終了証が渡され、鈴木勝取締役営業部長が閉講のあいさつを述べ、3日間の日程を終えた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。