最新!  家畜糞尿の臭気対策『デオマジックZ』 日本全薬工業が10月2日に新発売(新製品-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


家畜排せつ物処理施設の整備にかかわる税制特例措置の延長を要望

2002.12.05発行
 (社)日本養鶏協会(中須勇雄会長)は11月29日、自民党税制調査会の委員に対し、「家畜排せつ物処理の整備にかかわる税制特例措置の延長について」の要望を行なった。
 「家畜排せつ物処理の整備にかかわる税制特例措置の延長について」の要望内容は次の通り。
    ◇
 わが国の鶏卵生産は年間260万トン(産出額5千億円)、国内自給率95%と、わが国農業の重要な位置を占めてきております。
 しかしながら、鶏卵については長期にわたり需給が緩和基調にあることから、養鶏生産者にとりましては経営的にも極めて厳しい状況下にあります。
 こうしたなか、近年における畜産を含めた環境問題への社会的関心の高まりなどから、畜産においては野積み・素掘りなどの家畜排せつ物の不適切な管理の解消と、たい肥などとしての有効利用を促進するため、「家畜排せつ物の管理の適正化および利用の促進に関する法律」が平成11年11月に施行され、平成16年までに家畜排せつ物処理施設の計画的な整備に取り組んでいるところであります。
 こうした取り組みは、関係業界としても今後とも経営を安定的に維持・発展させていくためには不可欠のものであると考えております。
 しかしながら、こうした対応は、関係業界にとりましても現下の経済情勢での新たな追加投資となる実態にあることから、家畜排せつ物処理施設の整備にかかわる税制特例措置につきましては、引き続きこの延長につき特段のご配慮をお願い申し上げる次第です。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。