最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農9月予想 需要回復で卵価は上昇、食鳥は保合い圏内

2002.08.25発行
 全農は、このほど9月の畜産物市況見通しをまとめた。鶏卵と食鳥の見通しは次の通り。
 〈鶏卵〉
 供給面は、上旬は引き続き残暑の影響で、生産量は少なめの推移となることが予想されるが、中旬以降は、お盆絡みで生産調整を実施した鶏群の復帰や、残暑が和らぐことにより、生産量は回復してくるものと思われる。
 需要面は、学校給食の再開で業務筋の需要が回復することに加え、残暑が落ち着けば、末端消費も回復し、テーブルエッグの荷動きも活性化してくることが期待される。
 相場は、Mサイズ基準値月間平均で、180円前後(前年174円)か。
 〈食鳥〉
 PWVの見通しによると、国内出荷は計画処理羽数が前年比102.9%、同処理重量が同102.3%となっており、年末に向けた供給対策もあってか、やや多めの見通しとなっている。
 需要面は、首都圏人口の回復、秋の行楽需要など消費の回復に期待がかかる。需給バランス自体には急激な変動は考えにくく、市中在庫の圧迫感など不透明要素もあるものの、極端な過不足感は出ないものと思われる。
 市況は、基本的には保合い圏内の動きとなろう。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。