最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月25日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵表示で研修会 日卵協

2002.07.15発行
 (社)日本卵業協会(清澤盛雄会長)は6月28日、東京新宿区の飯田橋レインボービル会議室で、厚生労働省・食品保健部企画課の神奈川芳行主査と(独)農林水産消費技術センター・表示指導第一課の金子将一課長を講師に招いて、鶏卵の表示に関する研修会を開いた。
 「食品衛生法等に関わる鶏卵の表示について」と題して講演した厚生労働省・食品保健部の神奈川企画課主査は、食品の表示に関わる法律として食品衛生法とJAS法、景品表示法(不当景品類および不当表示防止法)などを挙げ、食品衛生法で義務付けられている表示事項は(1)名称(2)消費期限もしくは品質保持期限(3)製造所、加工所または輸入業者の所在地(4)製造者、加工者または輸入者の氏名、名称(5)保存の仕方――があると説明した。
 その上で「食品の表示は、食品衛生法だけを守るのではなく、いろいろな法律に基づいて過不足なく表示して、初めて正しい表示と言える。表示内容には『基準順守促進機能』『消費者への情報伝達機能』『流通業者への情報伝達機能』がある」など述べた。
 「JAS法等に関わる鶏卵の表示について」と題して講演した(独)農林水産消費技術センターの金子表示指導第一課長は、JAS法で義務付けられている表示事項は、生鮮食品の場合は名称と原産地のみとし、鶏卵については「養鶏場の名称と住所が記載されていれば、原産地表示としてみなされる」と述べた。
 また、このほど改正されたJAS法については、「消費者の利益を保護する観点から、表示違反した者(企業)の名前を弾力的に公表できるようになったほか、罰則については、1年以下の懲役刑が設けられ、罰金も個人が50万円以下から100万円以下、法人が50万円以下から1億円以下に強化された」と説明した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。