最新!  石野産業が『半熟ゆで卵製造装置』開発 高温蒸気で卵を加熱(新製品-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月27日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


養鶏関係団体と読売が話し合い

2002.06.05発行
 5月5日付の読売新聞「卵の生食・期限を守っても食中毒の危険」に対して、消費者に誤解を与え、消費に水を差すものだと抗議している養鶏業界と、読売新聞側の話し合いが5月27日に開かれた。
 養鶏関係団体代表はそれぞれ、消費者に誤解を招く記事内容だとして訂正を求めたが、読売新聞側は、(1)「卵の生食・期限を守っても食中毒の危険」の『危険』との表現は強すぎた(2)記事を書くに当たって養鶏関係業者への配慮が足りなかった(3)「採卵日の表示を義務付けている」の記事は誤りであり、後日訂正記事を予定したい――などと一部で非を認めたものの、研究内容をまとめた記事内容そのものには間違いはないとして、今後機会をみて、養鶏関係者の努力について同紙上で紹介していきたいと述べた。
 今回の養鶏関係団体の抗議の結果は、回答内容に依然不満は残るものの、研究所が訂正を申し入れるなど、一定の成果があったといえる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。