最新!  日EU・EPA政府の影響分析 鶏卵『限定的』、鶏肉『なし』(トップ記事-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月23日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


福島、岡山でニューカッスル病発生

2002.05.25発行
 今年に入って、ニューカッスル病の発生が目立っている。
 農林水産省・衛生課に入った情報によると、5月10日に福島県相馬郡の2万羽(2群)のブロイラー飼養農家の1群でニューカッスル病の発生を確認、発生鶏舎の9,800羽は淘汰(自衛殺=費用は農場持ち)され、残りの健康群は家保の下での隔離と臨床観察を実施している。同じ種鶏場からひなを導入した隣県数戸の農場では、異常はなかったといわれる。同県でのニューカッスル病の発生は13年ぶり。
 また、5月13日には岡山県井原市の採卵鶏飼養農家(成鶏8万1,000羽、大雛1万羽、中雛3,200羽規模)の1鶏舎の鶏からニューカッスル病ウイルスが確認され、全飼養鶏の殺処分(命令殺=費用は行政持ち)が実施された。岡山県での発生は14年ぶり。
 昨年は、うずらや愛玩鶏などを中心に、5県、10戸、2万588羽で発生したが、今年は、こうした愛玩鶏などで発生がみられるほかに、2月に青森での放し飼い採卵養鶏で、宮城のブロイラー農家(約一万羽飼養)で発生しており、今回の福島、岡山の専業養鶏や比較的規模の大きい養鶏場でも発生したことは、ニューカッスル病ウイルスが常在化していることを前提に、改めてワクチネーションなどの防疫対策の徹底が求められているといえる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。